国際結婚したのはドイツ!ドイツ好きのドイツ旅・文化など!

ドイツ人と国際結婚しました!ドイツ好きのドイツ旅・文化・食!

ドイツ好き!旅行好き!大堂から普段行くことのないドイツの街まで紹介します!

ドイツ人のお昼にはレバーケーゼ!!

スポンサーリンク

南ドイツといえば、レバーケーゼです。

f:id:germanylove:20210701012211j:plain

※画像が汚くてすみません・・・。

Leberkäseとは?

レーバーケーゼと聞けば、はじめは、レバー?を思い浮かべましたが、実は、ひき肉に野菜やスパイをミックスさせたものです。日本人が想像するミートローフともまた、ちょっと違うかな?

 

どこで買える?

お肉屋さんや、スーパーマーケットで買うことができます。外で食べるときはたいてい、画像のようにパンに挟んでもらいます。注文するときに、ケチャップかマスタード?と聞かれますが、夫はいつも何もつけないで食べてます。

 

南ドイツではソーセージにもケチャップはちょっと・・・と言わており、それをネタにしたコントがあったりします。南ドイツに旅行で行って、ケチャップくださいというと、店員がケチャップ??!!マスタードでしょ。とすごいイントネーションで怒るという。面白いですよね。

 

また、マスタードは甘いマスタードか、普通のマスタードかも聞かれます。

 

スーパーマーケットでは、焼くだけのレバーケーゼが売られていたり、切ったものが売られていたり、種類が豊富です。

 

レバーケーゼはどんな存在?

レバーケーゼはドイツのハンバーガーだ!!という人もいますね。特に値段が安いです。場所によっては1€40セントくらいでも買えたり。平均して2€~3€ちょっとでしょうか?

 

とのことで、今日はLeberkäse(レバーケーゼ)についてでした。

ドイツ旅行の際は、ぜひ試してみてください。その時は、ぜひぜひ、甘いマスタードをつけてもらってください。

 

最後までありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村